2013年08月20日

富士山登頂☆

8_20fujisan13-1.jpg
まーちゃんを見送った日、午後から弾丸富士山ツアーの出発ダッシュ(走り出すさま)
予定では早朝、箱根湯本で合流し、1日箱根観光のはずだった。
富士山登山を一緒にしたかったのかたらーっ(汗)、まーちゃん突然の旅立ち。
えーきちには迷惑をかけてしまったが、心置きなく、本来の目的富士山に登れたのもまたまーちゃんの配慮だったのかももうやだ〜(悲しい顔)
3時半起きで須走口の仮駐車場に向かう途中、コンビニで朝ご飯調達。
写真は愛車のタントと記念撮影のえーきち黒ハート
寝不足でテンションバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)の私と逆で、富士山に興奮しまくりのえーきちであったグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

カメラ

8_20fujisan13-2.jpg
仮駐車場から6時半始発のシャトルバスで須走口5合目を目指します。
前日作ったおにぎりを食べて、朝のコーヒーを入れてもらう喫茶店
えーきち、準備がよすぎるぜぇるんるん
まわりも明るくなって・・・。バスバスに乗車あせあせ(飛び散る汗)

8_20fujisan13-3.jpg
着いたぜexclamation×2須走口五合目手(グー)
こちらの上り口はアクセスが悪いためか、山道は比較的初心者向けとなっているのにあまり人気がないそうです。一番人気の吉田口に比べると、山小屋も少ないとか・・・たらーっ(汗)

8_20fujisan13-4.jpg
しかし、快晴晴れ
まーちゃんと別れた悲しみと、寝不足でテンションの低かった私も少しずつ復活グッド(上向き矢印)

8_20fujisan13-5.jpg
山ガール、えーきち黒ハート

8_20fujisan13-6.jpg
私はあり合わせの衣装で(爆)、何とか山登り風に仕上げてみましたあせあせ(飛び散る汗)
スニーカーも普段ので間に合わせようと思ったけど、えーきちから送られる資料にビビって、お手頃価格の登山用スニーカーを購入ぴかぴか(新しい)←これと借りたゲーターが私の登山の成功に繋がったと言っても過言ではないがく〜(落胆した顔)

8_20fujisan13-7.jpg
五合目から六合目までは樹海の中を歩く森林コース。これが続けばなぁたらーっ(汗)

8_20fujisan13-8.jpg
高めの木は冬の雪と風でこんな風に一方になびいた感じ。
これは私の実家の方の山も見られる光景。

8_20fujisan13-9.jpg
気分的に上がったものの、山登りなんて、滅多にしない。
(義母が好きなので、実家に帰った時に地元の軽い山を登る程度)
いきなり、ちょっとバテましたwww
えーきちの後ろに付いて歩きます。

8_20fujisan13-10.jpg
山の天気。晴れいてた晴れと思いきや、雲に曇り囲まれたり・・・。

8_20fujisan13-11.jpg
えーきち、決まってるねぇ手(チョキ)

8_20fujisan13-12.jpg
夏の雲って感じだね。

8_20fujisan13-13.jpg
それでも脚が慣れたら、結構平気になってきて、調子こいて、先に新六合目到着ダッシュ(走り出すさま)
※次、七合目かと思いきや、『新』ってのがある場合、『本』ってのもあって(爆)、次は本六合目だったりする。これ、一気にテンション下がります。まだ6合目か・・・ってね(笑)

8_20fujisan13-14.jpg
少し遅れて、えーきち到着ダッシュ(走り出すさま)

8_20fujisan13-15.jpg
まだそんなに疲れてないので、ゆっくり休憩はとらず、次に進みますよー。
THE 森林浴ぴかぴか(新しい)

8_20fujisan13-16.jpg
白樺かな?色のコントラストがきれいですねん♪

8_20fujisan13-17.jpg
サングラスしているので、そのまま登場たらーっ(汗)
日々の疲労と、前日の寝不足がたたって、顔むくみまくってます。
しかも、プラスここ1年で太ったので、顔がでっかくなっているふらふら

8_20fujisan13-18.jpg
この辺はお花もわりと見られて、蜂が蜜を集めて、いっぱい飛んでいた。←付き纏われて恐怖がく〜(落胆した顔)

8_20fujisan13-19.jpg
そして、やっと本当の六合目(笑)

8_20fujisan13-20.jpg
雲がすご〜いハートたち(複数ハート)

8_20fujisan13-21.jpg
この辺から、まーちゃんが私の背後で力を貸してくれていたのか、私の奇跡の力がぴかぴか(新しい)
余裕で(笑)、登ってくるえーきちを撮影してみたりw

8_20fujisan13-22.jpg
山頂も見えてきました。意外に人少ないでしょ?お盆なのに・・・。
やっぱり、富士山はご来光晴れぴかぴか(新しい)なのかねぇ・・・たらーっ(汗)

8_20fujisan13-23.jpg
ここでお隣に座っていた人に写真を撮ってもらう(笑)

8_20fujisan13-24.jpg
前日、大涌谷に立ち寄ったえーきちが買って来てくれた黒たまご
んまかったね〜〜〜ハートたち(複数ハート)

8_20fujisan13-25.jpg
富士山の山小屋物資はこんなんで運んでいます。専用道路があるんだよ。

8_20fujisan13-26.jpg
次、七合目を目指して登り始めるのだが、やっぱり私が先(笑)

8_20fujisan13-27.jpg
雲の高さと同じ視線目になってきたよ。

8_20fujisan13-28.jpg
えーきち、激写カメラぴかぴか(新しい)

8_20fujisan13-29.jpg
え〜〜〜きちぃ〜〜〜演劇
の呼び掛けに答えるえーきち手(グー)

8_20fujisan13-30.jpg
えーきちの姿を見付けては撮る(笑)

8_20fujisan13-31.jpg
雲海って〜のexclamation&question

8_20fujisan13-32.jpg
そして、七合目るんるんでも次に本七合目がある(爆)

8_20fujisan13-33.jpg
小腹が空いたので、えーきちが用意してくれたドーナツを食べる。
気圧の関係で袋がパンパンどんっ(衝撃)←膨らむ過程写真に撮っておけばよかったぁw

8_20fujisan13-34.jpg
えーきちの姿も見えました目

8_20fujisan13-35.jpg
マイペースえーきちいい気分(温泉)←しかし、これが翌日に差が出るとはがく〜(落胆した顔)

8_20fujisan13-36.jpg
○合目には必ず山小屋があって、200円の有料トイレと高価な有料軽食、飲み物が売っています。

8_20fujisan13-37.jpg
この景色は写真では伝えきれないよーあせあせ(飛び散る汗)
これは登った人へのご褒美なのかハートたち(複数ハート)

8_20fujisan13-38.jpg
1杯500円のお高いコーヒーを購入したえーきち。
本当はバーナー等持って来て、山頂でこれやりたかったのよねぇ〜ふらふら
しかし、器材は重いし、結果えーきちと別行動をとった私はどっちにしろ飲めなかったw

8_20fujisan13-39.jpg
七合目でえーきちと別行動をとることに決めて(←鬼たらーっ(汗))、さっくり本七合目w

8_20fujisan13-40.jpg
もちろん脚はしんどかったけど、高山病の気配もなく、この辺では真夏のパンダ舎の方が過酷に思えた。
私の場合、夏の上野通いがかなり体力アップグッド(上向き矢印)に繋がったように思える(爆)ぱんだうじさん、きっと余裕で登頂ね手(チョキ)

8_20fujisan13-41.jpg
こんな高いところまで来ちゃったよぉ〜〜〜わーい(嬉しい顔)

8_20fujisan13-42.jpg
ここで須走口からと吉田口からが合流します。
ご来光を目指して登る場合、この辺から渋滞が始まることもあるようです。

8_20fujisan13-43.jpg
雲が何重にも見える。

8_20fujisan13-44.jpg
そして、八合目。
ここまで来ると山頂は見た目にめちゃめちゃ近いのですよがく〜(落胆した顔)
こんなに近くなのに、ここからどんどん過酷な道のりになっていきます。

8_20fujisan13-45.jpg
そうは言っても、まーちゃんが味方している私は神がかった体力グッド(上向き矢印)(笑)
近くのカップルに声を掛けて、ツーショット写真を撮ってあげる代わりにシャッター押してもらったり。男性ひとりの登山客はいるけど、さすがに女性ひとりは見掛けなかったよぉたらーっ(汗)

8_20fujisan13-46.jpg
山小屋の下に雲www

8_20fujisan13-47.jpg
吉田口ルートは土が赤いよ。

8_20fujisan13-48.jpg
山小屋の裏口で室内をちら見目うーん、身内ならともかく、他人とここでざこ寝はキツイなぁふらふら

8_20fujisan13-49.jpg
そして、8合五勺目ぴかぴか(新しい)
リタイヤ前提で挑んだ富士山、ここまで来ちまったよぉグッド(上向き矢印)

8_20fujisan13-50.jpg
吉田口の登山客も思ったより少ないね。

8_20fujisan13-51.jpg
御来光館って、素敵なネーミングの山小屋家

8_20fujisan13-52.jpg
この砂地(細かい砂利)のような斜面がずるずる滑って、体力を奪うのよねぇたらーっ(汗)
九合目までの500mがどんだけしんどいかあせあせ(飛び散る汗)
お?ちょこっと雪残ってますね雪

8_20fujisan13-53.jpg
そして、ようやく九合目の鳥居が見えました。

8_20fujisan13-54.jpg
到着ダッシュ(走り出すさま)ここだけは山小屋はありません。
あと少しで山頂だよるんるん
息苦しいというよりは、脚がだるく、杖がなかったので、ここから先は本当にしんどかった。
でも、まーちゃんの苦しみを思えば・・・。
私の苦しみは今だけ。登頂しちゃえば、終わるんだ。そんな気持ちで這い蹲りました。
まじで這って登ったのよぉwww

8_20fujisan13-55.jpg
頂上の鳥居。狛犬さんがお出迎えぴかぴか(新しい)

8_20fujisan13-56.jpg
まぁ〜〜〜ちゃぁ〜〜〜ん、見てるぅぴかぴか(新しい)
近くに来たよ
黒ハート

登頂の感動よりも、まーちゃんの側に来られたという思いでじ〜んもうやだ〜(悲しい顔)

8_20fujisan13-57.jpg
えーきちに電話してw、おんせんいい気分(温泉)おやじ、実家に電話して、感動を分かち合う。

8_20fujisan13-58.jpg
高山病もなんのそのだった私、これにかなり惹かれましたが・・・ビールぴかぴか(新しい)

8_20fujisan13-59.jpg
下りもひとりだし、何かあってはと、あきらめた。←自制心ぴかぴか(新しい)(成長グッド(上向き矢印)

8_20fujisan13-60.jpg
お土産屋さんも賑わってましたが、一銭も落とさず(爆)

8_20fujisan13-61.jpg
こんな人達の横に座って、えーきちからもらった行動食を食べて、下山。

8_20fujisan13-62.jpg
ここから下るのねぇダッシュ(走り出すさま)

8_20fujisan13-63.jpg
その手前にお鉢巡りルートなのか、本当の山頂がありましたw
でも時間的に無理なので、諦めて、いざ下山手(チョキ)

8_20fujisan13-64.jpg
ここからの景色は絶景だったよ〜ハートたち(複数ハート)

8_20fujisan13-65.jpg
後ろから来たご夫婦にお願いして記念写真ぴかぴか(新しい)

8_20fujisan13-66.jpg
まーちゃん、雲に乗って、天界に帰ったかな?
ありがとうね〜、まーちゃ〜ん黒ハート

8_20fujisan13-67.jpg
そして、ここで九合目目指して登っているえーきちを発見目

8_20fujisan13-68.jpg
私の自慢のコンデジ、光学20倍ズームでもちょっと無理だったので、画質は悪くなるけれど、デジタルズーム40倍www
がんばってね〜exclamation×2えーきちキスマーク

えーきちは私より2時間弱遅れての山頂だったらしい。
お互い、無事目的を果たせて、うれしいよわーい(嬉しい顔)
無理やりえーきちに誘われた感満載だったが、感謝揺れるハートしてますw

ここからは、噂の砂走りですよ〜ん。 ひらめき参照ひらめき
かなり足場が悪く、杖なしの私にはこれまた大変だったけど、子供の頃からスキーで鍛えたバランス感覚が功を奏したようでスキー
めちゃめちゃ、早かったんですわーーーダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
見事な下り、ちょっと自慢ぴかぴか(新しい)

8_20fujisan13-69.jpg
実は富士山は七合目まで馬で登れたりするようです。
こんな足場の悪い中、人を乗せて登るおんまさん、かわいそうもうやだ〜(悲しい顔)
馬に乗るなら、登るなちっ(怒った顔)(笑)

8_20fujisan13-70.jpg
砂走りにうまく乗れた私はあっちゅ〜間にえーきちと行きに別れた七合目まで下山。
お日様がきらきら晴れぴかぴか(新しい)

8_20fujisan13-71.jpg
この調子なら、無理だと思っていた17:10発のバスバスに乗れるんぢゃね?

よしexclamation×2一か八か急ぐよぉダッシュ(走り出すさま)

8_20fujisan13-72.jpg
そして、砂走りを制覇し手(チョキ)、砂払五合目ひらめき
ここからバス停まで、30分。大雑把に砂を払って、急ぎますよ〜ダッシュ(走り出すさま)

8_20fujisan13-73.jpg
そして、無事、五合目まで降りてきました。

時計記録時計
登りグッド(上向き矢印)7時間くらい(休憩込み)

下りバッド(下向き矢印)2時間くらい(休憩込み)

バスの時間まで後20分あります黒ハート
御殿場駅に向かおうか、新松田駅に向かおうか迷って、お店の人達と相談した結果、新松田行きに決定手(チョキ)※138より246の方が進むのでは?という予想ひらめき
渋滞にハマった時、トイレが心配だったけど、お店の人にも「がんばったご褒美だよぴかぴか(新しい)」と後押しされて、飲んだビールビール

うまかったぁ〜〜〜ハートたち(複数ハート)

8_20fujisan13-74.jpg
今回、砂走り制覇の勝因はえーきちに貸してもらったゲーターぴかぴか(新しい)
これがなければ、靴に砂が入りまくって、一気には下れなかったはず。
今回の登山、何の知識もない私にいろいろ情報や物資を提供してくれたえーきちに感謝だよ揺れるハート
そう言いながら、置き去りにして下山したのは私ですドコモ提供
そのえーきちは日没ぎりぎりに下山したようで、最後の樹海のあたりではヘッドランプも使用したそうです。木が生い茂って薄暗いからねぇたらーっ(汗)

8_20fujisan13-75.jpg
大型バスに私を含め、お客さん5人(笑)後ろの席にゆったり陣取る。
※私が最後に乗ったのですが、後ろが空いてました。

8_20fujisan13-76.jpg
ウェットティッシュで体中(爆)の砂を拭き取り、うまく着替えもして、ごろんと横にw
帰省ラッシュで246の渋滞は若干あったものの、30分遅れ程度で、新松田に到着ダッシュ(走り出すさま)

おんせんいい気分(温泉)おやじからの指示で小田原まわりの新幹線新幹線で帰ると、新松田からは1時間ちょっとで我が家グッド(上向き矢印)

弾丸富士山登山も無事終了となりました。
弾丸とは言え、えーきちがかなり細かく下調べ、必要はなかったけど、フリースなどの装備もしっかりして出掛けた登山でした。

8_20fujisan13-77.jpg
しかし、最後の樹海で気を抜いた時、足首をぐきっどんっ(衝撃)とやってしまいました。
お風呂から出てみると、すげー、腫れてたがく〜(落胆した顔)
でも、歩くには傷みはなく、横にひねったら痛いという程度だったので、下山にも問題でなくってよかったぁグッド(上向き矢印)

8_20omake13-1.jpg
そんでもっておまけはかなり怪しげな宿(素泊まり3千円代)での晩ご飯。
※本当は宿で煮炊きはいけませんたらーっ(汗)
炊きたてのご飯がおいしかったなぁ。そして、知る人ぞ知る三田屋黒ハートのレトルトカレーキスマーク

登山当日、まーちゃんの力を借りて、神がかった私だったけど、翌日、身体はボロボロバッド(下向き矢印)
未だかつて経験したことのないほどの筋肉痛どんっ(衝撃)でした。
マイペースで登りきったえーきちは筋肉痛もなく、その後のひとり旅の日程を無事こなして帰宅。
恐るべし、えーきちの行動力と計画力グッド(上向き矢印)
そして、富士山から翌々日、楽しみにしていたリーリーのお誕生会バースデーにも何とか参加できましたとさ〜〜〜わーい(嬉しい顔)
めでたし、めでたしるんるんぴかぴか(新しい)るんるんぴかぴか(新しい)るんるん


posted by Sacchan at 11:24| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うおーーーっ☆ 山に興味ない割りに、ガッツリレポートすげぇ!
2号店ブログ級にスクロールしちまったい!(笑)
たくさん写真も撮ってくれてありがと〜♪
さちこと並ぶと、やっぱ私デブやな〜(泣)
次は3kg痩せてアタックしようと、心に誓うえーきちであった(笑)
それにしても上野パンダ舎通いがトレーニングになっていたとは驚きモモの木パンダの木だよっ☆
さちこ、パートナーに選んで正解やった〜また一緒に登ろうな〜♪
まーちゃんの霊も、一緒に登ってたなんてロマンやね!
いろいろあったのに、富士登山付き合ってくれてありがとう!!
Posted by えーきち at 2013年08月20日 16:45
すごいすごいっっ
神がかりの理由はそれだったのね(涙)。
まーちゃんも喜んでるよ、よかったね。
カツレグTシャツを着て参戦とはさすが♪

レポが面白すぎて何度も読み返してるよっ
Posted by 深雪 at 2013年08月20日 19:36
>えーきちへ
おぉ!がんばったぜ〜〜〜(*^^)v
最近、上野レポで結構写真多めに扱っているので、気付いたら、2号店ブログもびっくりの写真の枚数になってしまった(笑)
元写真はそのうち借り物と一緒に送るね〜♪
えーきち、全然デブじゃないよー。
足とかしまって細いじゃん。
私だよー。もうここ最近中年太りやねん( ̄▼ ̄|||)
次は私も3kg落としてアタックしたいwww
こっちこそ、いろいろありがとうねー♡

>深雪さんへ
そうそう、神がかりの理由はこれだったんだよー☆
まーちゃんが力を貸してくれたの。
そうでなきゃねー(^_^;)
カツレグTシャツ、記事に触れるの忘れたよーーー!
そこ、突っ込むなんて、さすがカツレグメンバーやね(*^^)v
リュック背負ってたし、前のタオル首に掛けてて、ちゃんとした写真撮ってないよねー。
残念・・・。
レポ、楽しんでもらえてよかったよ〜(^O^)/
Posted by Sacchan at 2013年08月20日 19:58
私のまわりではご来光組だったせいか、防寒着でも寒くて辛くてもう二度と登らない〜って人が多いので、こんなにアッサリ楽しんで登っちゃうなんてすごいよ〜
まーちゃん、パワーをありがとうー

昼間の富士登山ってこんな感じなんだって、写真がたくさんですっごく解りやすかった♪
もうこれで私はのぼらなくていいわ(笑)

足首結構腫れちゃったね(泣)
もう治った?
お大事にね。
Posted by aries at 2013年08月20日 22:32
>ariesさんへ
そうかー。やっぱり御来光はそうなんだね。
今回は天気に恵まれたのがすごく大きかったと思うんだよね。
次は御来光なんて、調子に乗って言っているけど、痛い目に会わないように気をつけなくっちゃ(笑)
次もまーちゃん助けてくれるとは限らないしね。
登ったのもよかったけど、やっぱり私は下から見上げる富士山が好き♪
今度こそ、ご自慢の富士山きれいに見える日にまたお邪魔するよー。

足首、また少し痛いけど、腫れは引いたよ。ありがとうね。
Posted by Sacchan at 2013年08月22日 13:08
お疲れ様でしたぁ!!
一度は富士登山を試みてみたいけれど、
体力づくりやら用具準備を考えると、
ひけてしまふ。(^^;

高山病にもかからなく、無事に終えられてよかったわね!
まーちゃんが一緒だったからだね♪(^0^)
Posted by ごん at 2013年08月23日 00:03
>ごんさんへ
ほ〜んと、富士山って、一度は行きたいと思うけど、きっかけがねぇ。
今回はえーきちに押されて行って来たけど、よかったと思うわ。
もう二度とないかなって思ったんだけど、えーきち、次の企画してる(笑)
まーちゃんに助けられて登ったと思うと、次が怖いわwww
Posted by Sacchan at 2013年08月24日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。